ビジネス

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

投稿日:2017年10月17日 更新日:

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけのような購入頻度が低く、単価もそれほど高くないものを売っていてどうして商売が成り立つのでしょうか?また、車で巡回していますが、お客さんを見つけることができるのでしょうか?(さおだけが必要な時にさおだけ屋さんが通りかかるのは稀ではないでしょうか?)

この答え自体は本を1/5ほど読めば書いてあり、なるほどなぁと思います。理由が分かれば不思議でもなんでもないのですが、知らないとどうしてだろう?となりますよね。

身近な疑問を会計の観点から説明

さおだけ屋は一例で、他にも郊外のあまりお客さんのいない高級レストランなどが出てきます。いずれも最初はなぜ成り立っているのか疑問ですが、やはり理由があって、それが分かるとスッキリします。

一般的な会計の入門書のさらに前に読めるように書かれているため、出てくる用語にも説明があったりと特に知識が無くても困ることなく読めました。

酔いどれまさになう。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー