アル中プログラマの備忘録。もはやコーディングしてないけど。

酔いどれまさになう。プログラマとして就職し、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーと立場を変えながら、システム開発に関わるとあるアル中の成長記録。

自己啓発

しないことリスト

投稿日:

2015年版! しないことリスト

しないことリスト

分量はあまり多くなく、あっさり読める本でした。

普通はやること(TODO)リストを作りますが、それだとやることばかりになるので割り切ってやらないことも決めてしまいましょうという話です。例えば、本を読む場合でも先頭から末尾まで順にすべて読むのではなく、必要なところを、必要な順で、必要な分だけ読めば十分なはずです。それをやるとこの本自体が目次だけで済んでしまいそうではありますが。

各章のタイトルが、【◯◯しない】となっていますので、まずはこれらのうちできるものから始めるのがやりやすいと思います。無駄の発見からリストの作成までの例もありますが、それほど詳しくはありませんでした。

でも、することリストのほうが良いのではないか?

以前どこかで、人間の脳は否定形では考える事ができないと聞いたことがあります。例えば、「象について考えるな」と言われると、象をイメージしてしまうといった話です。それが正しければ、【しない】ことリストは止めようと思っていることを強く連想してしまい逆効果になってしまうのではないかと思いました。
代わりに、うまく言い方を直して【する】ことリストにしたほうが良さそうです。例えばですが、「残業しない」 → 「定時で帰る」、「二次会行かない」 → 「一次会で帰る」など、簡単に置き換えることができるものも多いと思います。

いずれにせよ、いままで無駄にしてた時間を見直しましょうという話ですので、少し考えて見ようと思います。

酔いどれまさになう。


-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

嫌われる勇気

嫌われる勇気 「わざと嫌われることをしろ」とか「いい人をやめろ」といったことではありませんでした。 アドラー(哲学者)の考えが書かれています。 現状は本人にとって良いと判断したもの 【原因があるから結 …

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

要約 人の話は本気で聞きなさい。そして主体的に生きなさい。 感想 Kindleのオーナーズライブラリで無料で読めましたが、既に漫画版を読んでたので特に目新しい話はなく、少々残念でした。 個人的には漫画 …

「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ

「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ―「のろま」でなくなる仕事術 マインドマップを書きながら読みました。 「のろま」というと、なんだか頭が悪いというイメージですが、期限に間に合わないことが …

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

3つの物語 一つ一つが短くてわかりやすい。 自分の仕事に誇りや楽しみを見いだせて、人にも感激してもらいたい。 最初にこの本を読んだときよりはそうなれていると思う。 全部でも105ページしかなくて、サク …

「プロフェッショナルの原点」10年ほど前の本なのに未だ現役

感想など 見た目に反してとても読みやすい本でした。 200ページほどしかなく、中も細かく区切られていたからだと思います。 それにしても、10年ほど前に書かれたことが未だに当てはまると言うのはすごいと思 …

カテゴリー