アル中プログラマの備忘録。もはやコーディングしてないけど。

酔いどれまさになう。プログラマとして就職し、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーと立場を変えながら、システム開発に関わるとあるアル中の成長記録。

事業

プラットフォーム戦略

投稿日:

プラットフォーム戦略

プラットフォーム戦略

合コンで一番特をするのは誰か?
それは「幹事」である。

プラットフォーム戦略とは何か?というのがとてもわかりやすく書いてある。
「「理論と実践」のすべて」というには中身は少ないかなと思うが、入門向けにはいいかと。

大雑把にまとめると

  •  プラットフォーム戦略とは2つ以上のグループを仲介する場を作ってそれらの交流が活発になることで設ける方法
  •  グループ間の結びつけ方にはいくつか種類があるが、うまくWin-Winになるようにしてあげると、拡大しやすい
  •  プラットフォームが大きくなると、プラットフォーマーが力をつけ横暴になることがある
  •  プラットフォームに参加するときは、戦略なしで入ると痛い目を見るので戦略を持って関わることが大切。
  •  巨大なプラットフォームに対抗するにはオープン化という方法がある

シェアリングエコノミー

この本が出た頃はまだ流行ってなかったけど、
最近ではなんでもシェアの時代。

すなわち、貸手と借手のグループを仲介するプラットフォームがたくさん生まれる時代。
カーシェア然り、フリマアプリ然り、民泊サイト然りである。

ITの仕組み的にはどの分野でも差異はあまりなく、実現の難易度もあまり高くないため
どれだけ質の高いプラットフォームを構築できるかによって差異が出てくる。

基本的に各グループに責任を負わせる方がコストも下がるが、
トラブルも置きやすく、逆もまた然りなのでバランスが重要。
ここで有料プランなどの差をつけたりも考えられる。

酔いどれまさになう。



-事業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「イノベーションのジレンマ」なぜ優秀な企業がコケるのか?

事例が多いので、忙しい人はひとまず 「序章」とまとめである「第十一章」だけでも読むといいと思う。 イノベーションのジレンマとは? 顧客の話に耳を傾け、技術開発にも積極的で業界をリードしているような 優 …

アントレプレナーの教科書

アントレプレナーの教科書 「(自分が思う)いいもんができたぞ!さぁ、売ろう!」で、 実際は誰も買ってくれない。手元には借金だけ。 こんな悲しい話が世の中多すぎる。 そうならないためにはどうしたら良いの …

カテゴリー