アル中プログラマの備忘録。もはやコーディングしてないけど。

酔いどれまさになう。プログラマとして就職し、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーと立場を変えながら、システム開発に関わるとあるアル中の成長記録。

ビジネス

過去に読んだビジネス書漫画

投稿日:

まんがで身につく 孫子の兵法 (Business ComicSeries)まんがで身につく 続ける技術 Business ComicSeriesまんがでわかる ドラッカーのリーダーシップ論まんが 元自衛官みのり ドラッカー理論で会社を立て直すまんがでわかる 7つの習慣コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法2

漫画はいいもんだ

「まんがで」のシリーズは色んな本があるし、他にも漫画版を出しているところがある。

元の本は堅苦しいし、ページも多いので読むのつかれるが、漫画ならかいつまんで概要が分かるから楽でいい。

孫氏の兵法

なんとなく知っていることが書かれている。
かいつまんでの説明だが雰囲気は理解できる。
それにしても今でも通用するというのがすごい。

続ける技術

続ける前に始めなければと反省中。
内容は効果もありそうだけど、そこまでやるのは大変そう。

続いているのは剣道(もう少し頻度は増やさないと)と
酒飲むことぐらい(こっちは減らしたい)。

結局、本当に必要なことならやるんだが、
やらなくてもすぐには困らないことは続かない。残念。

リーダーシップ論とドラッカー理論

チームでどう働くか。
メンターからのアドバイスを受けながら成長していくという流れ。
失敗→原因は?→改善→いい結果となっていてわかりやすくていい。

自分がリーダーの場合は、
何でもかんでも自分でやったり、ただ命令していてもダメ、
部下の特性を見たり、なにより公平でなければならない。

上司がいる場合は、
上司も人間なので得手不得手があり、
上司がやりやすいようにするのも部下の仕事とある。

上司と部下は役職と責務での差があるだけで上下ではないのだ。

7つの習慣

7つとは

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 最優先事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創りだす
  7. 刃を研ぐ

とりわけ「人格」「主体的」といったことが書かれている。
当たり前っぽいけど忘れがちだ。

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法

ビジネスモデルや戦略自体についてはビジネスモデル・ジェネレーションの方が詳しく書いてありますが、ストーリーがある分こちらのほうが読みやすいです。

書かれている内容自体はあまり新しいことはなく、
・すべてのお客さんの言う通りの物を作れば売れるに違いないってのは間違い
・業界トップとそれ以外では戦い方が違う
・その違いとは…
のような感じで書かれています。

コーラの売り方が書いているわけではないです。
コーラは価格競争以外の戦い方の例として少し出てきます。

いろんな人の要望を聞きながらモノを作る仕事をしていますが、何が問題でどうしたいのかを分かっていないとか、そのどちらかしか分からないとか、どっちもあるけどなんか繋がってないとかとうのはよくあります。
言われたとおり作れば給料はもらえますが、結局使われなかったりして無駄になるだけですので、何が大事で、何を切り捨てるかを一緒に考えながらやりたいです。

酔いどれまさになう。







-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ソーシャルな資本主義」さてどう乗り越えてゆくか

ソーシャルな資本主義を読みました。 どういう話か? 技術が進歩(主に電子化やネットワークの高速化・定額化) ↓ 距離が問題でなくなる ↓ 売り手と書いての顔が見える経済に ↓ さて、企業はどうすればい …

輪読

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書) さおだけのような購入頻度が低く、単価もそれほど高くないものを売っていてどうして商売が成り …

趣味と仕事

趣味と仕事

趣味と仕事 よく趣味(好きなこと)を仕事にするのが幸せとか、純粋に楽しめなくなるから幸せでないとか見聞きするが意味がわからない。 そんなこと気にしなくても仕事を趣味すればいいだけなのに。そうすれば趣味 …

カテゴリー