システム開発

Jenkins実践入門

投稿日:

Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)

Jenkins

執事さん!公式サイトの人で、
CI(Continuous Integration、継続的インテグレーション)のためのサーバー(ソフト、サービス)。

継続的に開発、ビルド、テスト、修正、デプロイを短期間で繰り返すために使う。
トリガーを設定し上記を自動で行うことで、開発者は開発そのものに集中できるし、
ミスってもすぐにフィードバックを得られるという仕組み。

連携も色々できて、チャットからビルドを依頼、逆に結果をチャットに流すとか
あるビルドの後に別のビルド、全部終わったらテストして、問題なければデプロイとかできる。

プラグインも出ているし、頑張れば作ることもできる。
本を読む限りでは基本的なセットアップは簡単そう、
ジョブも作ったことあるけど凝ったことしなければ簡単。

本ではソース管理にも触れられていて、
例えばテストNGの場合はtrunkへのマージをしないとかもできる。

世の中にはこれを使って本を書く人もいるようだ。
確かに、都度PDF化が面倒だから有りかもしれない。
卒論はLaTeXで確かに確認が面倒だった。

何にせよ、自動化できて楽になることはいいことだ。
その分早く上がって飲みにいける。

酔いどれまさになう。



-システム開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アイコン

カイゼンとユトリ

ゆとりの法則 15年以上前の本ですが、読んだのは数年前です。 最近スクラムについて勉強する機会がありますが、 「リソース最適化」と「フロー最適化」の違いと同じように思えます。 特に最近は、ふりかえりを …

「増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編」WEB用のデザインパターン

入門書として 最初のたとえ話がありイメージをつかみやすい。 その後にサンプルのクラス図とシーケンス図、パターンのクラス図を見ればだいたい分かることができる。 それでも難しいところはコードと解説を読めば …

セミナー

QCon Tokyo 2012に行って来ました

QCon Tokyo 2012 はじめて同時翻訳のレシーバ利用しました。 その場で訳されていてすごいと思いました。ある程度は台本があるのでしょうか? ラウンジではアジャイルマインドの同人誌が売っていた …

Review

設計レビューを効果的に行うには、目的を理解してそれに沿った方法で行おう

レビューあるある 長い 喧嘩してる、槍玉に上げられてる 脱線する 重箱の隅をつついていている 不具合を見つけたけど黙ってる などなど、結果として時間はかかる、気分も悪い、その割には後で不具合が見つかる …

Scrum

スクラムについて考察01

スクラムについて考察 実際に試してみて、うまくいかなかった点などについて、あれこれ考えてみます。 「それはおかしい」内容も出てくると思いますが、初心者の感想なので多めに見てください。 徐々に改善してい …

カテゴリー